2017年6月19日月曜日

【3位入賞】深川敬暢選手の外撮り動画をアップ。全日本ジムカーナRd.4 北海道



全日本ジムカーナ北海道ラウンドで3位入賞を果たしたアールエスタケダの深川敬暢選手のベストタイム動画をアップした。

接地性の高いサスペンションとハイグリップタイヤによりロードスターは確実に路面をつかみ、ミズスマシのような動きでコースを駆け抜けていく。





2017年6月18日日曜日

エナペタルMDSが全日本ジムカーナで2-3位獲得。アールエスタケダジムカーナチームジャパン


エナペタルが今年から全日本選手権に本格投入した「ビルシュタインMDS e-SPEC」圧倒的なスタビリティの高さと、あらゆるシチュエーションに対応できる高度な減衰力可変機構を備えている。

今回の砂川ラウンドでは優勝こそ逃したものの、2位の斉藤邦夫選手、3位の深川敬暢選手が「ビルシュタインMDS e-SPEC」を装着して参戦しており、セットアップが進むにつれ確実に上位入賞を果たすようになってきた。


ロードスターに投入されている「ビルシュタインMDS e-SPEC」はセッティングが完了。市販される製品も全日本のノウハウを大きく反映したものとなっている。ロードスターの参加するPN1クラスのトップタイムはすでに上位クラスのPN3クラスの優勝タイムを凌駕することもあり、ちょっとした台風の目になりつつある。

ロードスター(ND5RC)ユーザーの皆さんに送る、オーダーメイドスペシャルダンパー「ビルシュタインMDS e-SPEC」。ぜひともお試しいただきたい。





くわしくはこちら






【速報】深川敬暢が3位表彰台。全日本ジムカーナ北海道

 

北海道砂川市で開催された全日本ジムカーナ選手権第4戦北海道ラウンドにおいてアールエスタケダの深川敬暢選手が3位表彰台を獲得した。


優勝は福田大輔選手、2位は斉藤邦夫選手と強豪選手が着実に上位を獲得する中、今一歩力及ばず、くやしい3位。

深川は金曜日から北海道入りし、テストとセッティングを重ねてきた。結果は3位であったが、走りのイメージをマシンの動きに反映する術を着実に身に着けてきており、波のない結果につなげることができるようになったことは間違いないだろう。

今回の北海道は、シリーズ前半で「結果を出す走り」にシフトできたことを確認できた有意義なラウンドとなった。



NEXT Round




2017年6月17日土曜日

鈴鹿で開催、人気の走行会。ディレッツアサーキットミーティング参加受付中!


遊べる!学べる!選べる!大人気の走行会「ディレッツアサーキットミーティング」。次回開催日は7月8日(土)。


DIREZZA CIRCUIT MEETING
開催日:2017年7月8日(土)

3つのクラスから参加クラスが選べるディレッツアサーキットミーティングは初心者からベテランさんまで多くの皆様に楽しんでいただけるよう様々な趣向を凝らしています。

■ビギナークラス
サーキット初めての方も安心!専任講師がサーキット走行のノウハウをイチからレクチャーしてくれます。講師の先導走行でコースになれたあとは講師が同乗してマンツーマンでアドバイス。トップドライバーのマシンへの同乗体験や午後からはフリー走行も楽しむことができます。このクラスは全く経験のない方を対象としていますのでサーキット初めてでも安心してお申し込みいただけます。





■ドライビングレッスンクラス
様々なカテゴリーのトップドライバーを講師に招いて、ワンランク上のテクニックが学べます。きちんとした技術を学ぶことであなたのドライビングテクニックを大きく向上させることが可能。講義は参加者個々に合わせたプログラムを取り入れており、同乗レッスンではマンツーマンの指導が受けられます。







■フリー走行クラス
フリー走行は3つのレベルに分かれて走行を行います。各クラスの台数を少なめに設定しクリアラップが取りやすい配慮をしています。思う存分サーキット走行を楽しみたい方はフリー走行にご参加ください。




走行会終了後のじゃんけん大会で豪華賞品をゲット!参加費より高い賞品があるかも!?










2017年6月12日月曜日

絶体絶命!モントレー2017ヒヤリハット集。アールエスタケダラリーチームジャパン


昨日群馬県で開催された全日本ラリー「モントレーin嬬恋」のインカー映像が届いた。このラリーのコースは直線部分が多く、ハイスピードラリーとして名を馳せる。今年もリストリクタ(吸気制限装置)を装着したランサーエボリューションの最高速度である時速190キロ前後をあっという間にマークするシビレルコースが多い。

速度が上がれば比例してリスクもアップ。

当然「ヒヤリハット」の局面が多くみられた。そこでヒヤリハットシーンを集めた動画をアップしましたのでどうぞご覧ください。



「ヒヤリハット」しながらも、どうにか走り続けコース上に残る全日本ラリー選手の高度な技術をご覧いただけます。まぁ、たまにダメな時もありますが・・・