2018年9月22日土曜日

再び鈴鹿へ。 RS.TAKEDA GYMKHANA TEAM JAPAN


アールエスタケダのジムカーナチームのエースドライバー深川敬暢は、いま越えなければならない最後の壁の前で苦しんでいる。これは、その壁を前にしたものにしかわからない特別な苦難であろう。

人によってはその壁の存在にすら気づかないだろうし、気づかないでそのまま人生を終えたとしてもなんら問題ではない。多くのアスリートは自分で作った幾多の壁を乗り越え頂点を目指す。先に進めば進むほど壁は高く険しく感じるのかもしれない。

ジムカーナは一人で走り、一人で結果を出す競技だ。もちろんライバルよりも早いタイムを出すためにあの手この手と工夫を重ね、マシンとドライバーのシンクロ率を上げていく。出されたタイムを見ていると上位陣はほとんど同じようなタイムを記録し千分の何秒というような「僅差」で勝負が決まる。

しかし、この「僅差」というのは一般的な感性からくる言葉であり、トップトライアラーの世界には「僅差」などという概念は存在しない。私が敬愛し尊敬する日本を代表するジムカーナチャンピオン津川信次選手が、なかなか優勝を手にできなかった時期にアールエスタケダを訪れてくださったときにお話を聞く機会があった。

その時私は「0.025秒差で2位とは悔しいでしょうね、ほんとうに僅差だった」というような意味のことを話したところ、津川氏は「いや、ちょっとの差ではない。いつも千分の何秒の差で自分が負けてしまうのは何かが足りないから。その何かを見つけたくていろいろ試しているんです」

0.01秒のプライド~津川信次~

勝負は勝つか負けるかであり、真に強い選手は「僅差」で勝ち続けるのだ。

勝てないのは、単に勝てない理由があるから勝てないのだということを学ばせていただいた。そして津川氏はその後その「何か」を得て押しも押されもせぬチャンピオンとしてその名を全国に轟かせるトップ選手になった。


昨年深川が優勝を手にした全日本ジムカーナ鈴鹿ラウンドが今週末に迫っている。
今回のラウンドが「壁」なのかそうでないのかは私にはわからないが、好きな競技を好きな場所で思う存分できることは実に幸せなこと。そしてその壁の前に立てることは幸運以外の何物でもないのだと思うのだ。











2018年9月18日火曜日

インターラリーへの挑戦は未来への挑戦。  RS.TAKEDA WRT2018


ラリー北海道が終わって競技車がアールエスタケダに戻ってきた。

ところで、会社には「これからの計画書」というのがあって「モータースポーツの部」と「自動車販売店の部」の2巻にわかれている。

「モータースポーツの部」にかかれた未来プランを今回はチーム全員の力を借りてひとつクリアできた。プランを書くのは簡単だが、それを達成するのは並大抵のことではない。

思いついて計画し道筋を考え努力して実行しなければ何も始まらないし進まない。そして私にできることは最初の「思いつく」という部分だけであり、思いついたあとはたくさんの人たちの英知と実力と支援がないことには夢を形にすることなど到底無理である。

夢を目標に、すばらしい未来を現実に。夢について語ることは未来を語ることと同じなのだ。










2018年9月17日月曜日

APRC3位入賞!ポディウムまでの動画を公開中! RS.TAKEDA WRT


多くのお客様からの声援を糧に村瀬選手が初めて挑戦した国際格式のラリー「APRCラリー北海道」。過酷なステージは当初の予想通り多くのリタイヤ車を生み、熾烈なサバイバルラリーとなった。

3日間を通してのリタイヤ台数は30台。驚く方も多いだろうが、これがラリー北海道なのだ。勝負に出ればリスクが上がるが、完走狙いで走っていてもラリー北海道の洗礼を受けることもある。それだけ難しいラリーである。


アールエスタケダワールドラリーチームの3日間の戦いの様子は以下のページからご覧いただけます。ラリー期間中はメディアスーパーバイザのj-comi林社長によるレポート動画が毎日アップされました。以下にまとめましたのでぜひご覧ください。

動画の中にもよく見るとリタイヤしたマシンが何台か映っています。



















村瀬太がAPRCクラス3位を確定。RS.TAKEDA WRT


私が飛行機に乗っている間に正式結果が発表され、村瀬・宮部組のAPRCラリー北海道RC2/ASNクラス3位が確定した。

帯広で開催される国際ラリーへの参戦は今回で5回目を数える。我々のこれまでの経験と成功と失敗の全てを糧に挑んだ今回のラリーは一言で言えば我慢のラリーだったといえよう。壊れない車造りに徹し、ドライバーへのチームオーダーもチャンピオン経験者にとってはけして納得いく内容ではなかったはずだ。

未来へ進むための大きな一歩となる今回の完走。応援してくださった多くの皆さまにチームの喜びが伝わりますように。


アールエスタケダワールドラリーチーム
武田浩美




Challege APRC2018 All photograph by M.KOZAKI
KOZAKI PHOTO SERVICE Allright reserved



2018年9月16日日曜日

ラリー北海道を3位で完走!RS.TAKEDA WRT


先ほどラリークルーより全ステージを完走したとの連絡が入った。
暫定ながら3位入賞を果たすことができ、村瀬にとっては初の国際ラリーを最高の結果で締めくくることができたと言えよう。

長いラリーウィークをともに戦ったサービスクルーのみんな、そして遠くからチームを応援してくれたお客様やファンの皆さんにも心から御礼申し上げます。

Challege APRC2018 All photograph by M.KOZAKI