2021年7月23日金曜日

懐かし動画回顧録ふたたび。 RS.TAKEDA

 


アールエスタケダは創業35年。創業当時からモータースポーツ活動を展開し、時代に合わせて挑戦を続けてきた。(上の写真はラリージャパン2004)そして今「ラリージャパン」がふたたび日本に戻ってきた。時代は繰り返し、カタチは変われど夢を追う気持ちに変わりはない。

創業時には動画を簡単にアップするとかは難しかったので、それほど古いものもないのだが個人的な「思い出」の動画をいくつかご覧いただきたい。


■大島誠司メカがスターレットでダートラ走行!
実に貴重である。アールエスタケダの大島メカは実はダートトライアルの選手であった。本人の名誉のために言うと、この動画は私を乗せて「人の車で」流して走っている動画である。競技中のものではないが、そもそも大島がモータースポーツの選手であったことを知る人はいまや少ない。




■2007年久万高原ラリー「無念のリタイヤ」
EK9シビックで全日本ラリーに参戦していたころ。快調にステージを重ねていた矢先に一瞬のシフトミスでエンジンを破損しリタイヤとなった。この日は2014年に全日本ジムカーナ選手権でシリーズチャンピオンを獲得した石原裕也選手がサービスクルーとして来てくれていて、これまた偶然にもリタイヤした直後のギャラリーステージで外撮りの動画を撮影してくれていた。石原選手の「あっ・・」という声がすべてを物語る思い出深い動画である。


■ハイパーミーティング2012新井選手のデモラン
アールエスタケダはつくばサーキットで開催された「ハイパーミーティング」に2003年から2014年まで皆勤賞で参加し、数多くのイベントでマシンを走らせた。午後から開催されたラリーカーでデモランを披露してくれた新井選手が目の前で八の字ターンを披露してくれた。




■WRCラリージャパン2010 札幌ドームSSS
アールエスタケダとして5回目のラリージャパン参戦の年。札幌ドームの中に特設されたスーパースペシャルステージ(SSS)での中村英一選手の走りである。ゴール直前にはリアバンパーがコンクリートの擁壁にあと10センチ!というところまで攻める。




■ラリーアメリカ参戦!コドライバー・キーランライト
全米ラリー選手権に参戦した際にコドライバーを務めてくれたプロコドライバー「キーラン・ライト」。ミシガン州ホートンにあるホテルの中で夜遅くにインタビューに答えてくれた。彼は日本人の私たちの活動を力強く支えてくれた、素晴らしい友人。いまでも感謝しかない。ラリーアメリカ挑戦の最後の年2015年には優勝を果たすことができた。アメリカの仲間たちとの日々はいまも大切な財産だ。(2013/MI.Houghton)







■池田・川島組TRDラリーチャレンジ2014年初優勝!
この日が池田・川島組のTRDラリーチャレンジ初参戦の日であった。佐賀県唐津市へ遠征し、現在はトヨタガズーレーシングラリーチャレンジとして開催が続いているこのシリーズへの記念すべき第一歩であった。初参戦で初優勝はいまでも良い思い出として心に残っている。





■全日本ジムカーナ2018福島 深川敬暢・優勝!
2017年の全日本ジムカーナ最終戦鈴鹿で初優勝を果たした深川敬暢選手は、翌2018年シリーズでは福島ヱビスサーキット、奈良の名阪スポーツラウンドで二連勝を果たす。2019年までアールエスタケダのサポート選手として長きにわたって活動してくれた。




■ラリーコドライバー「宮部ひろあき」
2003年からアールエスタケダのコドライバーとして活躍を続けてきた「宮部ひろあき」選手。2005年にはWRCラリージャパンでクラス優勝を果たし、全日本ラリーにも積極的に参加した。2007年当時にエヴァンゲリオンが好きな宮部選手のために私が制作した懐かしい動画だ。



これからもアールエスタケダをよろしくお願いいたします!








2021年7月22日木曜日

ヤリス展示情報!078KOBE ★FILM×ハーバーシネマ2021 RS.TAKEDA

 


★8月13日(金)★8月14日(土) ★8月15日(日) 

神戸ハーバーランド内・高浜岸壁にて078KOBE 2021 FILM × ハーバーシネマイベントの開催が決定しました!

屋外に200席を設けて、シネマの上映会やトークショーなどを開催予定。お盆休みには神戸ハーバーランドまで遊びに来てくださいね。

↓イベント詳細は以下のHPからご覧いただけます↓

078KOBE  FILM×ハーバーシネマ2021

神戸ハーバーランド・Umie モザイク・高浜岸壁

078KOBE×ハーバーシネマのイベント会場には、映画「僕と彼女とラリーと」の撮影に使用したラリーカーを展示しています。ぜひ会場にお越しいただき実車に触れてみてください。車両の展示は8月14日(土)~8月15日(日)です。

武田も会場でお待ちしています、お気軽にお声がけくださいね!

「僕と彼女とラリーと」公式HP



2021/07/20イベント情報公開開始



イベント会場MAP





今年も熱中症に注意! RS.TAKEDA

コロナ禍真っ只中の日本は多くの地域で梅雨明けを迎えた。梅雨が明けると毎年警戒情報が出るのが「熱中症」だ。

かつては「熱中症になったことがない」私にとって、どこか遠い話であった熱中症の世界。同級生が公園内でジョギング中にろれつが回らなくなり、座りこんだら立てなくなってしまって「あわあわ」していたらジョギングしていたほかの人に助けてもらい救急車で運ばれたとか・・・ 結果、医師の診断は「熱中症」であった。

友人が「脳梗塞とかじゃなくてよかったです」とお医者様に行ったら「熱中症を甘く見てはダメですよ。命にかかわることもあるから」とたしなめられた話を聞いて、「ふうん、そうか怖いものなんだな・・」と人ごとのように思っていた私が、昨年熱中症になった。

久しぶりにモータースポーツのイベントに参加し、助手席でコドライバー(結果は私が乗っていないほうが速かったのだが)を務めた。レッキ(コース下見)終了後スタート前のウェイティングエリアで、いささかの体調の変化に気づいたがそれほど気にすることもなく水分を取ることもせず。レーシングスーツが分厚いのでとても暑いなぁと感じていたくらい。

最初のステージを終え、午後のステージの前にサービスパークに戻ったらなんとなく舌が痺れる。水分を取ってしばし休憩をしたらなんとなく回復。

午後のステージを終えたあたりで体に力が入らず、なんだか変な感じ。腕が重い。イベントは無事終了し帰路についたが、帰り道で頭痛がする。翌日からは通常業務だが体が重く頭が痛い。思い切って病院に行くと「点滴しましょう」と言われ謎の薬剤を注入してもらう。

「熱中症でしょう。症状はしばらく続くかと思いますので今後は注意してくださいね。」

医師の「しばらく続く」という説明におののきながら帰宅したが、診断通り「熱中症様」の症状はそのあと3週間近く続き私を悩ませた。

油断大敵。

日本の夏はドバイ並み。皆様もけして気を抜かず熱中症対策をしっかりお取りください。一度熱中症になると2回目は早い段階で身体症状が発現するようになるとのことです、ご自愛くださいね!

今年の夏も「熱中症アラーム」を導入。先代の「おしゃべり熱中症計」は毎日警報を鳴らし続けてあっけなく壊れたので今回は少しレベルアップしました。



夏季休業のお知らせ
8月11日(祝/水)通常営業日

8月12日(木)休業日
8月13日(金)休業日
8月14日(土)休業日
8月15日(日)休業日
8月16日(月)休業日
8月17日(火)休業日
8月18日(水)休業日
8月19日(木)通常営業開始


2021年7月15日木曜日

7月3日の画像をアップしました! DIREZZA CIRCUIT MEETING2021

 


2021年7月3日のディレッツァサーキットミーティングにご参加いただいた皆様、お待たせしました!

画像のアップロードが完了いたしました。今回は参加者が少なめでしたのでお一人当たりの写真枚数が多め!!


皆さんのカッコいい走行画像をアップしましたのでぜひともご覧ください。画像はダウンロードして利用していただくことができますが以下の注意事項を遵守してご利用ください。

本画像ページは参加されたお客様限定公開です。ごめんなさい。




画像利用の際のお願い

1.すべての画像の著作権をアールエスタケダは放棄していません。商用での利用を固く禁じます。
2.ご自分の写っている画像をダウンロードして個人的な目的に使用することは自由です。ほかの参加者の画像をダウンロードして私的なことを含めて利用、公開することを禁じます。


※すべての画像の著作権はアールエスタケダおよびコウザキフォトサービスが有します。
※画像はパスワードで保護されています。走行会参加者以外の方が閲覧することはできません。




2021年7月3日土曜日

ディレッッアサーキットミーティング「夏」開催中!

 早朝から激しい雨音で目が覚めた。

せっかくの走行会が大雨に祟られるとは実に残念・・と思いつつ自宅を出たら、三重県に入る頃には青空が覗く。鈴鹿市にあるモーターランドスズカに着く頃には雨は止み、日も差してきた。

朝の湿度は95%を超え、立っているだけで汗が吹き出してくる。開始前のブリーフィングではお客様にこまめな水分補強と体を冷やしていただくようにお願いする。怖いのはコロナだけではない、熱中症も大きなダメージを体に残すゆえ十分な注意が必要だ。

走行会は大きな事故もなく無事に進行している。お昼のジムカーナ体験同乗走行にも多くのお客様にご参加いただき、競技車特有の動きを満喫していただいた。



夏の走行会は暑さを嫌い参加者が減る。余裕のある状況を利用して今回はJAFのBライセンス講習会を走行会と同時に開催した。参加者は午前中に講習会を受けた後で受講者ご自身のクルマでコース走行も体験できるという新企画だ。

今後、このスタイルの講習会は「モーターランドスズカ」とタイアップして複数回の開催を計画しているので、ライセンスも取りたいしサーキットも走ってみたい欲張りなあなたの希望をワンディで叶えるステキな講習会となるに違いない。




DIREZZA CIRCUIT MEETING